読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きずなメール・プロジェクト採用担当者blog

未来でともに働くあなたに向けて書いています。

子育て中のお母さんお父さんにオススメの現代詩

20代後半30代にかけて現代詩をかなり読んだ時期がありました。

「詩」というとポエムな感じですが、そうではありません。いい詩は「認識の枠組み」を変えてくれます。読む前と読んだ後では、世界が少し異なって見えます。珍しい物を見て驚くより、見慣れた風景がそれまでとは違って見えるほうが、驚きは深いです。面白いです。

忘れていたこんな感覚を、久々に呼び起こされた詩があります。著者の許可を得て紹介します。子育ての詩です。直に作品に触れてもらいたいので、タイトルと作者名は末尾にしました。

 

いつかあなたも
母親に言えないことを
考えたり、したりするでしょう

 

その時は思い出してください
あなたの母親も
子供には言えないことを
ずいぶんしました

 

作ったばかりの離乳食をひっくり返されて
何もわからないあなたの細い腕を
思わず叩いたこともありました
あなたは驚いた目で私をみつめ
小さな手を
不安そうにもぞもぞさせていました

 

夜中、泣きやまないあなたを
布団の上にほったらかして
ため息をつきながら
ながめていたこともありました
あなたはぬくもりを求め
いつまでも涙を流していました

 

私は母親として 自分をはずかしいと思いました
だけど、苦しみにつぶされることはなかった
それは、小さなあなたが
私を愛し続けてくれたからです

 

だからもしいつか
あなたが母親に言えないことを
考えたり、したりして
つらい思いをすることがあったら
思い出してください

 

あなたに愛され続けて救われた私が
いつまでもあなたを
愛し続けていることを

 

「愛し続けていること」  詩・小野省子
(詩集「核家族ママ」より)


作者の小野省子さんは、ある歴史的なNPOの事務局長のご友人です。その事務局長の方がきずなメールのプレゼンを見て、友人である小野省子さんの詩集を贈って下さいました(感謝!)。読み始めたら、アタマをいきなりガツン!と殴られた感じで…おっと、感想は先入観を与えますね。上の詩を読んで何か感じた方は、ぜひこちら↓もお読み下さい。子育て中のお母さんお父さんは、ダマされたと思って、ぜひ一度目を通してもらえると嬉しいです。

「おかあさんどこ」小野省子さんの詩と解説

 

作者ウェブサイトも。

小野省子のホームページ


いただいたのはこの詩集です。

f:id:yukkiestar:20160209191615j:plain


響くものがあったら、ぜひいろんなところでシェアしてくださると嬉しいです^^; 

 

 

「情報」を「メッセージ」へ。 自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国大会に参加して

きずなメールとは

f:id:yukkiestar:20160204170434j:plain

2016年2月1日(月)、イイノカンファレンスセンターにて、内閣府主催の<自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国大会>が開催されました。きずなメール・プロジェクトは、自治体とNPO法人の連携事業の例として「文京区子育て応援メール」について報告する機会をいただきました。

報告後、大会の参加レポートをまとめました。きずなメールの事業やコンテンツのへの考え方がまとまっているので、長文ですが、参考資料として全文を転載します。書き手はきずなメールの全コンテンツを編集制作した松本ゆかりです。

 

*************以下転載*************

「情報」を「メッセージ」へ。
自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国大会に参加して

●初めての自治体連携から3年。文京区との協働事業を報告してきました

2016年2月1日(月)、イイノカンファレンスセンターにて、内閣府主催の<自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国大会>が開催されました。2013年度からこの大会名で開催されている催しですが、今回、NPO法人きずなメール・プロジェクトは、自治体とNPO法人の連携事業の事例のひとつとして報告する機会をいただきました。

2013年度に、東京都文京区にて「子育て応援メール事業」として、きずなメール(産前・産後)が採択されて以来、毎年、少しずつ自治体での配信例が増えてきました。2016年2月の現在は、全国28自治体で配信中です。「孤育て予防」にきずなメールのコンテンツがきっと役立てるという想いと、「子育ては地域で」という考えから、全国の自治体に提案活動を続けてきましたが、2011年の活動開始から5年経った今、こうした機会を頂戴したことが、これまでの歩みを評価していただいたようで感慨深く、「ここまでの活動の集大成」として発表に臨みました。

発表のステージに立ったのは、文京区男女協働子育て支援子育て支援課の椎名裕治課長と、弊団体代表・大島です。ここまで様々な形で応援、励ましてくださった方、原稿制作者、また他の導入自治体担当者の想いも一緒に、約20分、精一杯お話しさせていただきました。今回の事例発表は全部で5例、最終登壇でしたが、椎名課長や大島の説明に合わせるように、会場から手元資料をめくる音が聞こえてきて、多くの方が真剣に耳を傾けてくれているように感じました。

f:id:yukkiestar:20160204170444j:plain

●~全国会議に参加して~「想い」と「知恵」の関係を再確認

これまでの集大成ということで、当日は正職員全員で会場入り。自団体の発表だけでなく、他の事例や基調講演を直接聞くことができたことは、各職員にとって貴重な学びの場となったと思います。

私自身も、参加してよかったと心から思える会でした。<自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」>ですから、それぞれの立場で連携のメリット、課題を発表するわけです。財源確保、参加者・参加企業の増加、利用者の増加、持続可能な連携体制と課題はいろいろありますが、すべての発表を通じて強く感じたのは、お互いのメリットを最大限にするのも課題を乗り越えるのも、「想い」と、想いがあるからこそ生み出される「知恵」なのだろうということでした。

また、今回の基調講演では、鳥取平井伸治知事が、ユーモアあふれる巧みな話術で鳥取県子育て支援の取り組みを紹介してくれましたが、「ちゃんと伝えてもらうと、人はうれしい」ということを改めて感じましたし、「今やっていることをしっかり伝える」ことに意識的に取組むだけでも、自治体としての子育て支援のひとつになり得るとも感じました。「鳥取は小さい。だからこそ、工夫次第でやりたいことができる」という言葉には、弊団体として非常に励まされました。

事例報告の進行と総括をつとめてくださった渥美由喜氏の「いま、この場に全力を尽くしている」感じもよかったです。プライベートな話が混じりますが、小学生2人を育てている最中の私にとって、「発表会」といえば子どものものばかり。でも、「大人が、本気で、話をする」。こういった大人の発表会が、こんなに自分をエンパワメントしてくれるとは、うれしい驚きでした。

大人だろうが、子どもだろうが、やはり人の「本気の姿」は、人を動かします。「子育て支援は、親(大人)支援」という考え方がありますが、大人同士がエンパワメントしあえること、幸せに暮らすこと、そして、その姿を子どもたちに見せることが、社会をよくする、ひいては、子どもの暮らしやすい社会につながるはずと思います。
エンパワメントしあえる場は、必ずあります。そして、連携事業というのは、その場になる可能性を大いに秘めています。

気持ち先行のレポートとなっていますが、最後に、今回の発表で「コンテンツ」を扱う団体として試したこと、感じたことも2つお伝えします。
ひとつは、きずなメールのコンテンツの特徴のひとつとして、「情報の隣人性」という言葉を初めてつかったこと。きずなメールは、出産予定日や赤ちゃんの誕生日を基点として、その時期にあった情報をタイムリーに、できればピンポイントと思ってもらえるよう届けますが、同時に、きずなメールを読むことで、「ほかのだれかの存在」を感じてもらえることや、だれかに伝えたくなることを目指しています。メール文面によってだれかを感じる、だれかを思い出す。そう感じてもらえることも「孤育て予防」のコンテンツとして重要なことだと思うからです。
そして、もうひとつは、「情報」というのは、伝え方次第で、体温を帯びた「メッセージ」になると再認識したこと。きずなメールの文面そのものはそこをかなり意識してつくっていますが、団体として、『現在、子育て世代に向けて、きずなメールのようなサービスがなぜ必要なのか』を世の中に発信していく際も、ここをさらに意識しなければいけないし、「自治体と市民の関係」においても同じだろうと思います。情報として伝えるのではなく、メッセージとして伝える。こうした試みを、今後、一緒に事業に取り組む自治体とやっていきたいと思います。「想い×知恵」で、かかわる皆が元気になる子育て応援メールを作ります。

f:id:yukkiestar:20160204170451j:plain

 

 

 

 

初の常勤スタッフは、きずなメールの元読者

団体について

 f:id:yukkiestar:20160118180946j:plain

 (引っ越した直後の事務所にて)

・未来でともに働く人にまず伝えたいのは、きずなメールの初の常勤スタッフは、きずなメールの元読者だったということです。

 

・現在、自治体提案チームのリーダーとして働くMさんは、3歳女子のお母さん。ちょうど2年前の今頃、ツイッターでアンケート集計のアルバイトを募集したときに応募してくれてその後、初の正職員となってくれました。2014年度も今年度も全国自治体への提案活動に注力し、21自治体サービスインの原動力となってくれました。

 

・次に昨年6月から常勤スタッフとして加わってくれたOさんも、元きずなメール読者。2011年の震災直後にツイッターで、団体で初めてボランティアを募集したときに応募してくれた、ボランティア第1号でもあります。団体公式ツイッターアカウント https://twitter.com/kizunamail_p でつぶやく「つぶやきボランティア」、きずなメールサポーターブログの http://ameblo.jp/kizunamlvs の「ブログボランティア」を経て、始めて常勤スタッフを募集したときに真っ先に応募してくれて、現在稼働している制作フローの原型を作り上げてくれました。出会った時は妊婦さんでしたが、今は年少女子のお母さんです。

 

・こうして一人目二人目の常勤スタッフが「事業の元顧客だった」というのは、僕自身も非常に納得できるところです。さらに今いる全員が「子育て当事者」であることも。

 

・僕は大学卒業後、ずっと雑誌や書籍の編集者として働いていましたが、ある営業マンと仕事をした時、「砂漠で砂を売り、北極で氷を売る」という例えを教えてくれました。これができたらまさにマジックです。「営業とは何か」を突き詰めると、これを追求することになるのかもしれません。

 

・でも僕は、砂漠では水を、北極なら暖のとれるものを届けて喜んでもらいたい。そういう仕事をしていきたいと思って日々取り組んでいます。


・前回紹介したドラッカーは現在「マネジメント」を読んでいます。最初に読んだ本が良かったようで、かなり楽しく読めています。 

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 

 

 

**********************************

▼「きずなメール」について知りたい方はぜひ

「全国版」にお試し登録を。ご自身や家族の誕生日で登録してみてください。
▼団体の成り立ちについてはこちら
Facebookページ
Twitter 

*********************************


 

 

 

傍観者の時代

・あけましておめでとうございます。NPO法人きずなメール・プロジェクトの大島です。年初にあたり、新しくブログを立ち上げました。きずなメール・プロジェクトでともに働く仲間に出会うためです。その人に仲間に加わってもらって、組織を成長させていきたい。そのために団体のこと、事業のこと、僕が考えていることを知ってもらいたいと思って立ち上げました。既存の求人募集のやり方だと、どうしても限られた出会いしか得られません。多様性のある組織にする、異文化の人と出会う方法としてブログにいたりました。

 

・きずなメール・プロジェクトを一言でいうと「コンテンツでお母さんの孤立を防ぐ」活動であり事業です。同時に、団体の有り様は、「働くとは?」「社会って?」「家族って?」という問いへの、暫定的な、揺れ動きながらの答えでもあります。

 

・「もしあなたの活動に価値があるとおもうのなら、継続するために、組織にしなさい」。日頃からお世話になっていて、リスペクトしている小児科の先生からいただいた言葉です。組織とは人、人は出会い、組織と人が出会う場は「採用」。「採用」にはその組織の有り様が現れます。だから「採用担当者ブログ」。

 

・とはいえ、直ちに求人を開始するわけではありません。今働きながら、学びながら将来について考えている方に向けて、少しづつきずなメール・プロジェクトのことを知ってもらって、時が来たら出会いたい。それまでの準備です。

 

 ・遅れ馳せながら、ドラッカーを読み始めました。ある人の著書でドラッカーは、戦前のドイツで起こった全体主義の暴走を再発させないためにはどうすればいいかを考え、組織の「マネジメント」にたどり着いたとのことでした。このことを、読書家の団体理事に話したら「初めて読むなら【傍観者の時代】がおすすめですよ」を教えていただいたので早速Amazonで買ったらイッキ読み(翻訳もよかった)。フロイトの素顔や、「暗黙知」で知られるマイケル・ポランニーの一家が出てきて、戦前戦後のドイツ、アメリカの生々しい息遣いがよく伝わってきます。

 

・戻って、きずなメール・プロジェクトはこれから皆で作っていく、成長させていく組織です。このブログでは、活動・事業のことについて少しずつ紹介していきますので、しかるべき時までじっくりとお付き合いいただければ幸いです。